トップページ > 新築の方に ノンケミアリダンクリスタルホルダー ユニットバス下部防蟻対策

ノンケミアリダンクリスタル工法

● 住宅全体の防蟻保証(10年保証)対象工法ではありません。住宅全体の保証をお求めの際は、追加工事が必要です。

シロアリは温かい部分を好みます!

シロアリは冷たい部分と温かい部分では温かい部分から侵入し始めます。
温かい基礎断熱部分がシロアリから真っ先に狙われます。
またシロアリは、コンクリート基礎の打継部分のわずかな隙間(特に型枠固定金具部分)から侵入します。
ですから、ユニットバス床下空間が最も危険性の高い シロアリの発見ができない部分になります。

シロアリが侵入しても、断熱材の内部では発見ができません

新築から築年数が経過して、(5年あるいは、10年といった)新築時の防蟻保証期間が満了し、
再度の防蟻保証延長を行う場合、防蟻工事店が床下に潜り、現在の床下の状況を点検します。
その際、シロアリの蟻道(ぎどう:シロアリの侵入経路)を発見すれば、
シロアリの駆除が行われ、シロアリによる被害の拡大を未然に防止する訳ですが、
ユニットバス床下基礎部分に貼られる断熱材内部にシロアリに侵入さ れると、
防蟻工事店が床下点検を行っても、蟻道を発見する事ができません。
そしてその場合シ ロアリが壁伝いに2階の天井まで上がり、相当に被害が大きくならないと、
シロアリの被害にあっている事が認識できない可能性があります。

 

施工までの流れ

  • 事前準備
施工しやすいよう、基礎際のゴミ・埃を取り除いてください。基礎際にノロ漏れや型枠固定金具があると、 クリスタルホルダーとノンケミアリダンクリスタルが きれいに施工できませんので、ノミなどで取り除いてください。

白アリ対策、ノンケミアリダンクリスタル工法、新築施工方法

白アリ対策、ノンケミアリダンクリスタル工法、新築施工方法

白アリ対策、ノンケミアリダンクリスタル工法、新築施工方法

白アリ対策、ノンケミアリダンクリスタル工法、新築施工方法

ページトップへ